farfalle / ファルファーレ 公式通販
バレエシューズ ブランド【全国送料無料】

全国送料無料!交換一回無料!

26 Mar, 2021

バレエシューズと靴下はいつだって相思相愛!靴下コーディネートレッスン

グリーンとブラックをベースにしたタータンチェックのスカートにショート丈の白ソックスと3㎝ヒールバレエ(スムース)を合わせた靴下コーデ

 

「バレエシューズに靴下を合わせる。」

やってみたいコーディネートではあるけれど、「どういう風に合わせたらいいかわからない」

「子供っぽくダサくならないかな?」「なんだか難しそう」…そんなお悩みはありませんか?

でも大丈夫!コツさえつかめば男女ウケ上々の大人カジュアルコーデが完成します。

難しく考えず、もっと気楽に足元のおしゃれを楽しみましょう!

今回は定番のバレエシューズの中でも人気の高いエナメルブラックとグリッターゴールドの

コーディネートをまとめてご紹介します。

 

 

 

靴下選びのコツ


 

バレエシューズに合わせる靴下におすすめなのはくるぶしから少し長いくらいの丈のもの。

足の一番細いところで切れているのでパンツはもちろん、スカートと合わせてもバランスが良く、

さらに足を細く見せてくれる嬉しい効果も期待できます。

少し長めの丈の靴下をくしゅくしゅとたゆませて履くのも可愛いですよ。

 

 

バレエシューズ×シースルーソックス


 

ホワイトのシースルーソックス×エナメルバレエ

ホワイト柄のシースルーソックスとエナメルバレエブラックを合わせたガーリーな靴下コーディネート

 

ホワイトの柄が入ったシースルーソックスに同系色のチュールスカートを合わせた清楚感漂うコーディネート。

エナメルのバレエシューズを合わせて思い切りガーリーに仕上げれば、デートにもぴったり!

モノトーンの色合わせで可愛い中にも大人っぽい印象を加えて。

 

エナメルバレエはこちら>>

 


 

大胆な花柄のシースルーソックス×エナメルバレエ

大胆な花柄のシースルーソックスにエナメルバレエブラックを合わせた上品な中にも大人の色香の漂う靴下コーディネート

 

大胆な花柄シースルーソックスを合わせた、足元が主役のコーディネート。

その分スカートやバレエシューズは色味を押さえてシンプルにまとめることで上品な雰囲気に。

柄の間からちらりとのぞく肌が大人の色香を漂わせます。

 

エナメルバレエはこちら>>

 


 

シアー感のあるドットソックス×グリッターバレエ

袖にフリルのついた黒のトップスとパープルの細身のボトム、小さなドット柄のシースルーソックスとゴールドグリッターのバレエシューズを合わせた靴下コーディネート

 

フリル付のトップスと細身のパンツでメリハリをつけたシンプルコーデ。

なじみの良いゴールドのグリッターバレエに小さなドットが散りばめられたシースルーソックスを合わせると

抜け感が出てきれいな足元に。

 

バレエ(グリッター)はこちら>>

 

 

バレエシューズ×柄ソックス


 

落書きのような螺旋模様の靴下×エナメルバレエ

ブルーのIラインスカートにブラックのエナメルバレエを合わせ、グレー地に螺旋状の柄ソックスを合わせた個性的な靴下コーディネート

 

コンパクトなシルエットの真っ青なスカートにバレエシューズを合わせた大人っぽいコーディネートに

遊び心のある柄の靴下を合わせて自由な雰囲気を取り入れて。

ソックスのグレーとブラックのバレエシューズが馴染み、子供っぽくならずアクセントに。

 

エナメルバレエはこちら>>

 


 

花柄ソックス×エナメルバレエ

ロールアップしたデニムと、白地に赤い小花が散りばめられた柄ソックスと黒のエナメルバレエを合わせたガーリーカジュアルな靴下コーディネート

 

柔らかなニュアンスの花柄ソックスには色味を抑えたシンプルなアイテムを合わせることで可愛くなりすぎず、

大人カジュアルなコーディネートを楽しめます。

デニムの裾はロールアップしてすっきり見せるのも、靴下合わせでダサ見えしないポイント。

こんなに可愛い靴下とバレエシューズのコンビがあれば、おでかけするのも楽しくなりますね。

 

エナメルバレエはこちら>>

 


 

カラフルソックス×エナメルバレエ

ブラックのワンピース、エナメルバレエと黒字にカラフルな柄の入った靴下を合わせたワントーンコーディネート。

お気に入りの黒いワンピースに合わせた、ワントーンコーデ。

特別な日、ワンピースの裾をふわりとさせて、少しピリリと足元にカラフル靴下。

お気に入りのバレエシューズでなんだかスキップしたくなるコーディネートに。

 

エナメルバレエはこちら>>

 

 

カラーソックス×バレエシューズ


 

ぱっと目を引く赤い靴下×エナメルバレエ

トラッなチェック柄のスカートに黒のエナメルバレエ、差し色に赤い靴下を合わせたコーディネート。

 

チェックのスカートにブラックのエナメルバレエを合わせたトラッド感のあるコーディネートには

白い靴下を合わせがちですが、ぱっと目を引く赤い靴下をチョイスしていつもとは一味違った足元に。

チェック柄の中にある色の靴下と合わせるとカラーソック浮いてしまわず、なじんでくれますよ。

 

エナメルバレエはこちら>>

 


 

さわやかな水色の靴下×ホワイトローファー

ベージュのセットアップにホワイトのエナメルローファーを合わせてカチッとした雰囲気の中に水色の差し色を加えたコーディネート。

 

こちらはバレエシューズコーデではありませんが、ぜひおすすめしたい色合わせ。

カチッとしたセットアップコーデもカジュアルなTシャツと水色の靴下でこなれ感を出したコーディネート。

ベージュやホワイトには淡い色のカラーソックスがぴったりです。

ホワイトのローファーをバレエシューズに変えるとまた違った雰囲気を楽しめます。

 

ジェシカ(2WAYエナメルローファー)はこちら>>

バレエ(スムース) ホワイトはこちら>>

 

 

カバーソックス(フットカバー)×バレエシューズ


水色とネイビーのストライプパンツにサックスカラーのエナメルバレエを合わせた足元コーディネート。

 

これから暖かくなる季節には素足でさらりとバレエシューズを履くのも素敵ですよね。
でも蒸れたり、素足で靴を履くのには抵抗がある、という方には浅履きタイプのカバーソックス(フットカバー)が

おすすめです。

かかとにシリコンの滑り止めが付いたタイプやバックストラップ風のタイプが脱げにくく、かつ

バレエシューズからも見えにくいです。

靴の中で脱げてしまうのが心配、という方にもぜひお試しいただきたいスタッフのおすすめはこちら。

・靴下屋 バックストラップ風引っ掛けカバーソックス

・無印良品 かかと滑り止め付き 浅履きフットカバー

 

どちらもピタッと足にフィットしてかかとが抜けにくく、毎日店頭でバレエシューズを履いている

スタッフも愛用しています。

 

 

【まとめ】

靴下コーデのポイントは

・フィット感のあるくるぶしくらい~少し長めの丈の靴下を選ぶのが大人カジュアルにするポイント。
・シースルー素材だと春夏に取り入れやすく、肌が少し透けて見えるので柄ものも挑戦しやすい。
・小さなドットのシアー素材など、肌の見える面積が広いと抜け感が出てきれいな足元に。
・バレエシューズのカラーやお洋服の色とリンクさせると柄物やカラーソックスも合わせやすい。

ぜひこちらを参考にしてみてくださいね!

 

 

バレエシューズ×靴下はいつだって相思相愛。

子供っぽくダサ見えしないポイントを押さえて、足元のコーディネートを

自由に楽しんでくださいね。

 

CHECKED ITEM最近チェックした商品